更新履歴

高血圧はアダラートのおまかせ!薬で血圧改善

笑う男性

高血圧になると常に血圧が高い状態が続くことで様々な臓器に悪影響がでたり、血管が破れやすくなり大きな血管が破れて出血を起こすと命に関わることもあるため、早めに治療をすることが大切な病気です。
血圧を下げる薬はいくつかの種類がありますが、その中でもよく使われているもののひとつがアダラートです。
アダラートを使用する時には、薬の効果をしっかりと知っておくことと同時に副作用や薬価などについても知っておくことが必要です。

アダラートの効果効能

アダラートはニフェジピンを主成分とする薬のひとつで、血管を広げる作用があることで血圧を下げる働きを持っています。
ニフェジピンという成分にはカルシウムという電解質が血管内の細胞に入ることを防ぐ作用があり、それが結果的に血管を広げることになるのですが、カルシウムは血管などをはじめ筋肉を収縮させる働きがあるものです。

普段は血管にカルシウムが入ると、それが血管壁の細胞に流入することで血管が収縮して血圧が上がるという仕組みになっていて、血圧の値が正常の場合にはカルシウムの量を調整しなくても、丁度良く血管が収縮して血圧の値を正常に保っています。
しかし、高血圧になっている時には血管の壁に異常に強い圧がかかっていることが問題になり、解決法としてアダラートを服用すると血管の壁を収縮させないことで血管壁にかかる圧を強めないようにするという作用を起こします。

アダラートにはこのような効果があるために、血管壁を収縮させないという方法で血圧を下げることができます。
そして血圧を下げるだけでなく、血管にかかる圧を少なくすることで、血液を送り出す心臓のポンプ作用を助けるという役割も果たします。

心臓は収縮を繰り返すことで全身に血液を送り出しますが、その時に血管が収縮しているとより強い力で血液を送り出さなくてはいけなくなり、その分心臓の負担が大きくなります。
アダラートを服用して血管が広がると、その分楽に血液を送り出すことができるので、心臓は必要以上に収縮をすることなく血液を体にめぐらすことができます。
そういった効果を期待して心臓の病気がある時に、心臓の負担を減らすためにアダラートが使用されることもあります。
高血圧や心臓の病気などアダラートは色々な病気の治療でよく使われている薬です。

アダラートの副作用について

アダラートは血管を広げて血圧を下げますが、その効果が強く出過ぎてしまうと、血圧が下がり過ぎてめまいを起こしたりふらつきが出ることがあります。
血圧が過度に下がると気を失い意識がなくなることもあるので注意が必要です。

他によくあらわれる副作用は顔のほてりや、胸がドキドキするといった動悸感などです。
顔のほてりは血管が広がることで起こるものですし、心臓にも作用することでドキドキした感じが出ることがあると思われます。
こういった副作用は服用を始めて初期の頃に身体がアダラートに慣れていないと出ることがありますが、多くは徐々になくなっていくのでそこまで心配する必要はありません。

他には長い期間アダラートを飲み続けていると、血管が拡張していることで血液が心臓に戻りにくくなるためか足の甲のむくみが出ることがあったり、歯肉の腫れが見られることがあります。
なるべく足の位置を上にあげるようにしたりして症状を軽くすることができますが、我慢できないほどになった時には病院を受診して医師に相談しましょう。

副作用の中で重篤な症状を起こすものは、薬の解毒を行う肝臓の機能障害や血液異常です。
肝臓の機能異常が起こると体のだるさが出たり食欲不振、皮膚のかゆみが出ることがあります。
また血液検査をすると肝臓の機能が正常に保たれているかがよくわかります。
血液異常に関しては発熱や喉の痛み、口内炎といった症状が出ることがありますが、これも血液検査をすると異常を見つけることができます。

アダラートは高血圧症の薬の中でも副作用が少ないと言われていますが、全く副作用が出ないわけではないので、副作用が出た場合には薬の量を調整したり、主治医に相談をするようにしましょう。

アダラートの薬価はどのくらい?

アダラートは高血圧症の薬としてバイエルという製薬会社が販売している薬です。
バイエルから出ているアダラートには3種類がありアダラートCR錠、アダラートL錠、アダラートカプセルで、それぞれ含まれている薬の成分量に違いがあります。
アダラートの薬価は以下の通りです。

アダラートCR錠10mg
1錠あたり19.1円、アダラート20mgは1錠あたり32.8円、アダラート40mgは1錠あたり61.5円ほどです。
アダラートL錠
アダラートL10mgで1錠あたり17.83円、アダラートL20mg1錠あたり29.6円になっています。
アダラートカプセル
アダラートカプセル5mgで1錠あたり14.2円、アダラートカプセル10mgは1錠あたり23.3円です。

これらの違いは作用時間の違いでCR錠は1日に1回の服用でよく、効果が24時間持続します。L錠は効果が12時間続くので、1日2回の服用になります。
カプセルタイプのものは即効性があることが特徴で作用時間は短くなっています。
カプセルの中の薬剤が液状になっており、服用した後に体に吸収されやすいかたちになっているからです。
こういったものが作られた背景には、アダラートの効果を早く出すことで狭心症発作が起こった時に対応できる薬が必要になったためで、急激に心臓の負担を減らしたい時などに使用されることを目的として作り出されました。

各種アダラートは形状に違いがあってもどれも同じように血管を収縮を妨げる作用が出る薬ですが、作用時間の違いなどによって薬価にも差があります。
自分の症状に合わせたものを使うことが大切です。

高血圧治療薬は通販で購入するのが一番?

アダラートは高血圧症の薬の中で非常によく使われているメジャーな薬なので、世界中で大勢の人が使用しており、副作用を起こすことが少ないということもわかっている優秀な薬です。
ただ問題になってくるのが薬価が高めであるということで、血圧の薬としてたくさんの研究を重ねて開発された薬なので、どうしてもその分値段が高くなっているのは仕方ないことでしょう。

しかし、生活習慣を変更することで多少血圧を下げることができたとしても、一度高血圧症になってしまうと、合併症を予防するためにも長い期間にわたって血圧を下げる薬を飲み続ける必要があります。
そのため、長い目で見ると値段の高い薬を購入し続けることは、かなり経済的な負担が大きくなるということになってしまいます。

この薬は病院で処方される薬ですが、通販で購入することができる種類の薬で、通販の場合には個人輸入代行をしているところで購入することができます。
個人輸入というと日本語での説明がないなど不安に思うところがあるかもしれませんが、外国の製品であるという以外に購入する時には特に他の通販商品と大きな違いはありません。
もちろん日本語で説明がされているので、それを見て自分の症状に合ったものを購入することができます。

ただし通販なので、届くまでには数日間ほど日にちがかかることがあるということには注意をしなくてはいけません。
すでに薬が切れてしまっている時には、すぐに手元に届くわけではないので、届くまでの期間を計算した上で購入をする必要があります。
長く飲み続ける薬の場合には通販で大容量パックを購入するととてもお得な価格で購入することができます。
値段のことが気になる時には通販で購入するという方法もあるということを覚えておきましょう。

関連記事
ミカルディスジェネリックの成分テルミサルタン
笑う男女

ミカルディスの主成分はテルミサルタンで、降圧剤つまり血圧を下げる薬です。アンジオテンシンII受容体拮抗薬(ARB)という種類に属していて、ミカルディスなどのARBは血圧を降下することはもちろん心臓や腎...


利尿剤で血圧が下がる仕組み
血圧測定機

高血圧の人には利尿剤が処方されるケースが多いのですが、メカニズムがわからず不思議に思っている人が多いでしょう。利尿剤は尿量や回数を多くするだけではありません。実は、排尿の際に体内の余分な水分とナトリウ...


高血圧治療薬ならノルバスクも人気
考える男性

医師から病名を告げられ、本人の高くなった血圧を下げるために、降圧剤の薬がそれぞれ本人に処方されることになります。降圧剤としての薬は色々種類もありますが、その一種であるカルシウム拮抗薬などのノルバスクな...